40代 女性 加齢臭 対策

女性も気をつけるべし!40代加齢臭の原因と対策!

 

40代の女性の加齢臭は、主に頭皮、生え際、胸元、背中、顔のTゾーンから臭ってきます。露出している箇所なので他の人に嫌な思いをさせているかもしれませんね。主に頭皮は、汗をかきやすく臭いが気になるところです。自分でも頭皮の臭いは分かるので、なんとかして加齢臭を抑えたいところです。

 

また、枕や、衣類に付いた臭いはなかなか取れないので、よく洗濯する必要があります。女性にとっては、40代からの加齢臭は、気になるもので、それが原因で長いこと悩んでいる方もいらっしゃいます。

 

40代から女性に加齢臭が多くなる原因は、女性ホルモンが減ってきて、皮脂分泌が抑えられなくなるからです。皮脂分泌が増えると結果として加齢臭となります。皮脂の分泌が増えると、細胞が活性酸素で酸化しやすくなります。これが女性の加齢臭の原因の一つです。女性ホルモンの減少は40代ではかなりすすんでいます。実際には30代から減少してくるという研究結果もあります。ですので、人によって多少の違いはありますが、実際には30代から加齢臭が始まり、気になる臭いになるのが40代であると言えるでしょう。

 

では、40代の女性の加齢臭に有効な対策方法は何でしょうか。例えば、有酸素運動を定期的に行うことが良いです。有酸素運動は、脂肪酸を分解して加齢臭の原因である、ノネラールとう物質を減らす効果があります。加齢臭以外にも有酸素運動は、体に良いとされています。定期的に有酸素運動をすれば風邪を引きにくいとも言われています。