30代から始めたい!女性の気になる足の匂い対策

30代から始めたい!女性の気になる足の匂い対策

 

女性の足が臭う時はどんな時でしょう。
普通に生活している時でも足は匂うものです。特に女性の場合は、素足にサンダルや、ヒールなどを履く方が多いと思います。これが原因で足が匂ってしまいます。女性にとってサンダルやヒールはファッションの一つなので、欠かせないものですよね。

 

では、女性の足が30歳から匂うのはなぜでしょうか。
特にひどく匂うのは、ブーツとストッキングの組み合わせです。ブーツを履いていると、通常よりも足がむれてしますので、これが原因で30歳位から女性の足は匂います。具体的な原因は、ブーツとストッキングを履いた場合、足がむれ、汗がでます。この汗を栄養にして雑菌が繁殖します。繁殖した雑菌は老廃物として匂いを出すのです。

 

では30代の女性の足の匂い対策はどういったものでしょうか。
一つとしては靴下の着目してみることです。実際に匂っているのは大半が靴下です。この靴下を一日に何回か代えることもおすすめです。
こうすることで、汗を吸い取った靴下で雑菌が繁殖したとしても、新たに靴下を変えれば匂いも抑えられます。さらに、女性はファッションとしてブーツなどのむれやすい靴を履く傾向がありますが、これも最小限にするように心掛けると良いでしょう。

 

他の対策としては、足の匂いが消える靴下なども販売されています。
こちらは、消臭効果に満足できない場合は、全額返金可能となっています。

 

いずれにしても、自分にあった対策をきちっとすることで、30代からの女性の足の匂い対策になります。
これ以外には、お酢を使った予防と対策があります。洗面器に足がつかる位のお湯をいれ、コップ7分目のお酢を入れます。10分から15分位お湯に足をつけて下さい。雑菌の殺菌などができるので、足の匂いに対策になります。